本文へスキップします。

H1

トピックス

お知らせ一覧

2019/11/21

生涯スポーツ・体力つくり全国会議2020 開催要項・申込について 

開催趣旨
 平成27年10月1日にスポーツ庁が発足し、平成29年3月には第2期スポーツ基本計画(文部科学省,平成29年3月24日)が策定された。第2期スポーツ基本計画においては、スポーツ参画人口を拡大し、スポーツ関係団体がこれまで以上に新たな取組を行うとともに、異なる分野の関係組織と効果的かつ密接に連携・協働することにより、「一億総スポーツ社会」の実現に取り組むことが求められている。
 そこで、本会議では、スポーツ立国の実現に向けて、スポーツに関連する多様な人々が一堂に会し、研究協議や意見交換を行い、今後のスポーツ推進方策について検討する。
 
2  主 催  スポーツ庁、生涯スポーツ・体力つくり全国会議実行委員会

3  後 援  体力つくり国民会議

4  期 日  令和2年2月7日(金)

5  日 程

受付
 9:15-
10:00
(45)

 オープニング
表彰式
10:00-10:35 (35) 

全体会
(シンポジウム) 10:40-12:30 (110) 

昼食休憩
 12:30-14:00 (90) 

分科会
14:00-17:00
(180) 

情報交換会 18:15-19:45 (90)

 

展示 9:30-17:30

 

6  会 場  松江しんじ湖温泉(〒690-0852 島根県松江市千鳥町30)
全体テーマ   「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会のレガシーに向けて」    いよいよ開催が迫る2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機にスポーツへの関心が高まることで、 「する・みる・ささえる」といったスポーツ参画人口が拡大し、健康で生きがいのある社会を実現することこそが、目指す べきゴールであり、後世に残すべき大会の重要なレガシーである。  スポーツは、健康や体力の維持・増進に役立つだけでなく、一人一人の人生をより豊かに充実させ、人々に夢と感動を与え、 地域社会を活性化させるなど多種多様な大きな力がある。  このスポーツの価値を広く国民に伝え、年齢や性別、障害等を問わず、全ての人がスポーツを楽しみ、喜びを得て、生活の 中に自然な形でスポーツが取り込まれる「Sport in Life」という姿を目指すため、スポーツ関係団体等に求められる新たな 連携・協同方策について協議を行う。 ※レガシーは近年国際オリンピック委員会(IOC)が最も力を入れているテーマの一つで、オリンピック憲章には「オリン ピック競技大会のよい遺産(レガシー)を、開催都市ならびに開催国に残すことを推進する」と定められている。

(1)全体会(トークセッション)
   テーマ:「みんなで一緒にSport in Lifeで生き生きとして人生を!」
(2)分科会
  ○第1分科会(公益財団法人日本スポーツ協会)    「女性が健やかに、美しく、生活を楽しむためのスポーツ環境づくりを考える」
  ○第2分科会(公益財団法人日本レクリエーション協会)    「人生100年時代!「楽しさ」を重視したスポーツ・レクリエーションの可能性」
  ○第3分科会(公益財団法人健康・体力づくり事業団)    「Sport in Lifeを環境から仕掛けてみる~スポーツで健康な街づくり~」
  ○第4分科会(公益財団法人日本障がい者スポーツ協会)    「sport in Lifeの実現に向けた、スポーツ現場でのリスクマネジメントを考える」      ~いつでも、どこでも、誰でも安心・安全にスポーツができる環境をめざして~
(3)展示
   生涯スポーツ・体力つくり関係団体、企業等のスポーツ関連活動を幅広く紹介するため、展示を実施します。
参加者 (約 700 名)
  地方公共団体関係者、スポーツ・レクリエーション団体関係者、各種産業界関係者、
  学識経験者、その他関係者
 

以下お申し込みフォーム(外部サイトにジャンプします)
生涯スポーツ・体力つくり全国会議2020申込み