本文へスキップします。

H1

第56回全国スポーツ推進委員研究協議会(愛媛県大会)

平成27年度第56回全国大会開催状況
  • 平成27年度第56回全国大会オープニング

平成27年11月12日、13日の両日、愛媛県松山市の「愛媛県武道館」をメイン会場として、全国のスポーツ推進委員をはじめ生涯スポーツ関係者を一堂に集め第56回全国スポーツ推進委員研究協議会が盛大に開催されました。
愛媛大会のテーマは、「未来につなげよう!スポーツ文化」です。平成23年に施行された「スポーツ基本法」には「スポーツは、世界共通の人類の文化である」と明記されています。今回はその文化を未来につなげるためにスポーツ推進委員が果たすべき役割と今後の方向性について研究協議を行うとの趣旨で開催され、講演やシンポジウム、分科会など充実した研修内容となりました。

詳しい内容については機関紙「みんなのスポーツ1・2月号」に掲載いたします。

記念講演

記念講演

「スポーツと地方創生」
岡田 武史(FC今治オーナー、サッカー元日本代表監督)

岡田武史(FC今治オーナー、サッカー元日本代表監督)

シンポジウム

シンポジウム

「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会が地域にもたらすレガシー」
~次世代につなぐ地域スポーツを目指して~

コーディネーター 間野 義之(早稲田大学スポーツ科学学術院教授)

シンポジスト
桑田 健秀(東京都・NPO法人地域総合スポーツ倶楽部ピボットフット理事長)
ヨーコ・ゼッターランド(公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事)
松尾 哲矢(立教大学コミュニティ福祉学部教授)
青木 淑浩(一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構理事)(近畿日本ツーリスト株式会社地域誘客事業部長(兼)スポーツ事業部部長)

シンポジウム

分科会

分科会

第1分科会

第1分科会

「地域住民を惹きつける地域スポーツクラブの実現」
~クラブの持続的発展にスポーツ推進委員が果たす役割~
コーディネーター 桑田 健秀(東京都・NPO法人地域総合スポーツ倶楽部ピボットフット理事長)
事例発表① 山本 恵美(徳島県・鳴門市スポーツ推進委員)
事例発表② 小宮山 久枝(山梨県・富士吉田市スポーツ推進委員)
事例発表③ 太田 敬介(鹿児島県・NPO法人SCC理事長)

第1分科会

第2分科会

第2分科会

「スポーツを通じた健康長寿社会の実現」
~地域住民のスポーツへの関心を引き出す工夫~
コーディネーター ヨーコ・ゼッターランド(公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事)
事例発表① 滝本 直樹(兵庫県・丹波市スポーツ推進委員会副会長)
事例発表② 竹内 良恵(高知県・土佐清水市スポーツ推進委員)
事例発表③ 乾 直史(大阪府高石市保健福祉部保健医療課課長代理)

第2分科会

第3分科会

第3分科会

「地域における障害者スポーツの推進」
~誰もが楽しめる地域のスポーツ環境を目指して~
コーディネーター 松尾 哲矢(立教大学コミュニティ福祉学部教授)
事例発表① 阿部 正幸(一般社団法人東京都 スポーツ推進委員協議会会長)
事例発表② 佐藤 和子(徳島県・美馬市スポーツ推進委員会副会長)
事例発表③ 戸沼 智貴(神奈川県・NPO法人高津総合型スポーツクラブSELF)

第3分科会

第4分科会

第4分科会

「スポーツツーリズムが地域にもたらす効果」
~地域の多様な主体が連携・協働する取組の推進~
コーディネーター 青木 淑浩(一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構理事)(近畿日本ツーリスト株式会社地域誘客事業部長(兼)スポーツ事業部部長)
事例発表① 山本 貴仁(愛媛県・NPO法人西条自然学校理事長)
事例発表② 小嶋 敦夫(静岡県・三島市産業振興部商工観光課地域ブランド創造室長)
事例発表③ 惠本 益江(山口県・美祢市スポーツ推進委員協議会副会長)

第4分科会