本文へスキップします。

H1

第57回全国スポーツ推進委員研究協議会(福井県大会)

平成27年度第56回全国大会開催状況

平成28年度第57回全国大会オープニング

平成28年11月17日、18日の両日、福井県鯖江市、越前市の「サンドーム福井」をメイン会場として、全国のスポーツ推進委員をはじめ生涯スポーツ関係者を一堂に集め第57回全国スポーツ推進委員研究協議会が盛大に開催されました。
福井大会のテーマは、「スポーツ文化の醸成と地方創生に向けて」です。平成23年に制定されたスポーツ基本法の理念を具現化するため、平成27年10月1日にスポーツ庁が発足しました。また、2020年東京オリンピック・パラリンピックを控え、国民のスポーツに対する機運が高まっている中で、スポーツが生み出す力により、コミュニティを構築し、活力ある地域社会をつくりあげるためにスポーツ推進委員が果たすべき役割と今後の方向性について研究協議を行うとの趣旨で開催され、講演やシンポジウム、分科会など充実した研修内容となりました。

詳しい内容については機関紙「みんなのスポーツ1・2月号」に掲載いたします。

記念講演

基調講演

「スポーツに学ぶコミュニケーション
  ~元気・活気・勇気を与えるトーク術~」

岩﨑 由純
 日本ペップトーク普及協会会長
 日本コアコンディショニング協会会長
 トレーナーズスクエア(株)代表取締役社長

岩﨑由純
 

シンポジウム

シンポジウム

「スポーツがもたらす明るく元気な未来への創造」

コーディネーター 柳沢 和雄(筑波大学体育系 教授)

シンポジスト
山本 理人(北海道教育大学教育学部岩見沢校 教授)
松岡 宏高(早稲田大学スポーツ科学学術院 教授)
阿部 正幸(一般社団法人東京都スポーツ推進委員協議会 顧問)
園山 和夫(公益社団法人全国スポーツ推進委員連合 専務理事)

平成28年度全国大会シンポジウム

分科会

分科会

第1分科会

第1分科会

「地域住民のニーズに応じた魅力あるスポーツクラブを目指して」

コーディネーター 山本 理人(北海道教育大学教育学部岩見沢校 教授)

事例発表① 渡邊 優子(新潟県・NPO法人希楽々 理事長)
事例発表② 三田 博司(愛知県・認定NPO法人朝日丘スポーツクラブ 事務局長)
事例発表③ 四谷 憲夫(福井県・NPO法人せいきコミュニティスポーツクラブ ゼネラルマネージャー)

第一分科会

第2分科会

第2分科会

「生涯現役社会の実現に向けたスポーツ推進委員の役割」
~スポーツの力で健康長寿社会の実現~

コーディネーター 松岡 宏高(早稲田大学スポーツ科学学術院 教授)

事例発表① 山本 進(福井県・鯖江市健康福祉部健康課 課長補佐 理学療法士)
事例発表② 長谷川 つち代(兵庫県・福崎町スポーツ推進委員会 副委員長)
事例発表③ 長岡 雅美(武庫川女子短期大学部 准教授)

第二分科会

第3分科会

第3分科会

「障害者と垣根を越えたスポーツライフ」
~地域住民がともに楽しめるスポーツ環境~

コーディネーター 阿部 正幸(一般社団法人東京都スポーツ推進委員協議会 顧問)

事例発表① 片岡 優世(高知県・一般社団法人Uプロジェクト 代表)
事例発表② 丸田 徹(新潟県・新潟県障害者スポーツ協会 業務執行担当理事)
事例発表③ 山本 博一(滋賀県・野洲市スポーツ推進委員協議会 会長)

第三分科会

第4分科会

第4分科会

「新たなスポーツの普及・促進とスポーツ推進委員の役割」
~ニュースポーツを生かしたスポーツ人口の拡大~

コーディネーター 園山 和夫(公益社団法人全国スポーツ推進委員連合 専務理事)

事例発表① 篠原 徳弘(福岡県・福岡市スポーツ推進委員協議会 南区委員長)
事例発表② 三田崎 康子(福井県・福井市スポーツ推進委員協議会 副会長)
事例発表③ 澤田 智洋(世界ゆるスポーツ協会 代表)

第四分科会

表彰

​一部お名前の漢字が表記できなかったため、本ホームページ上では常用漢字に置きかえさせていただきましたのでご了承願います。